福岡県小郡市でパソコンの困りごとを解決しています。パソコンの修理やサポート全般、安全なネットワーク構築、ホームページ制作、オープンソースソフトウェアの活用。
  • パソコンサポートヘッダ画像
  • ITサポートヘッダ画像
  • ITサポートヘッダ画像
  • Linuxサポートヘッダ画像

UbuntuのLVM上で,ハードディスクの空いた領域を拡張する。

旧ハードディスク(約320GB)を新ハードディスク(480GB)へ移行した。(移行の理由は,単純。HDDをSSDにしたかった。)

ddrescueコマンドを利用して,移行したので,新ハードディスク内に約150GBの未使用領域が残っています。

unallocated

図1:unallocatedは150GBもある。

かなり,もったいないです。

今回は,この余っている領域(unallocated)をシステム領域(ubuntu-vg/root)に追加します。
つまり,/dev/ubuntu-vg/rootを拡張します。

論理ボリュームを拡張

図2:論理ボリュームを拡張できた。

その前に,LVM(logical volume manager:論理ボリュームマネジャ)について,ちょっと。

  1. 物理ドライブ,従来のパーティションの領域ににとらわれない構成。
  2. 論理的にドライブやパーティションを構成する。
  3. 仮想化・抽象化された記憶領域を自由に作り出すことができる。
  4. システムを停止することなく構成を変えることができる。
  5. しかし,障害からの復旧が少し面倒。

LVMをイメージ(可視)化すると,下図のようになります。

まず,拡張前。

LVM拡張前

図1:LVM拡張前。unallocatedが150GBもある。

これが,拡張後。今回の最終的な論理ドライブの構成と成ります。

LVM拡張後

図2:LVM拡張後。拡張には,vgextend,lvextendを活用。

※図2:の実行コマンドのfstabは,コマンドではありません。マウントの設定を記述するファイルです。
※実際には,vi /etc/fstabのようにして,編集します。

今回は,「LVMの拡張」がテーマです。新規に,論理ボリューム(Logical Volume)を,作成しません。つまり,論理ボリュームの作成とは若干手順(使用するコマンド)が異なります。ご注意ください。作成の手順は,下記の参考サイトをご覧ください。

【前提条件】

  1. ハードディスクは,LVMで管理されて,Ubuntu18.04がインストールされている。
  2. 同じハードディスク上に,未使用領域(unallocated)が存在する。
  3. 未使用領域を利用するために/dev/ubuntu-vg/rootを拡張する。

<手順>

  1. unallocatedにパーティションを作成。
  2. pv作成。
  3. vg拡張。
  4. lv拡張。
  5. ファイルシステム拡張。
  6. マウント。(今回は不要。)

1.unallocatedにパーティションを作成。

最初に,現在のドライブの状態を確認。または,$ sudo fdisk -l で確認できます。

$ sudo fdisk /dev/sda
[sudo] ユーザ名 のパスワード: 

fdisk (util-linux 2.31.1) へようこそ。
ここで設定した内容は、書き込みコマンドを実行するまでメモリのみに保持されます。
書き込みコマンドを使用する際は、注意して実行してください。


コマンド (m でヘルプ): p
ディスク /dev/sda: 447.1 GiB, 480103981056 バイト, 937703088 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x575f6bc9

デバイス   起動 開始位置  最後から    セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sda1  *        2048 625141759 625139712 298.1G 8e Linux LVM

では,パーティションを作成します。(fdiskを実行した状態のままで。上の続き。)

nで,パーティション作成開始。
pで,基本パーティションを選択。このとき,1はすでにsda1で利用されているので,2が選択対象となる。
ただし,2を入力せずに,Enterを押しても構わない。デフォルトで2が選択されている。「6」
最初のセクタ値もデフォルトで設定されているので,そのままEnterを押す。「7」
最終のセクタ値は,必要な領域の大きさを,例えば50GBなら,+50Gなどで入力する。
今回は,すべてを指定したいので,デフォルト値を使う。そのままEnterを押す。「8」

pで,作成したパーティションを表示する。「12」

コマンド (m でヘルプ): n
パーティションタイプ
   p   基本パーティション (1 プライマリ, 0 拡張, 3 空き)
   e   拡張領域 (論理パーティションが入ります)
選択 (既定値 p): p
パーティション番号 (2-4, 既定値 2): 
最初のセクタ (625141760-937703087, 既定値 625141760): 
最終セクタ, +セクタ番号 または +サイズ{K,M,G,T,P} (625141760-937703087, 既定値 937703087): 

新しいパーティション 2 をタイプ Linux、サイズ 149 GiB で作成しました。

コマンド (m でヘルプ): p
ディスク /dev/sda: 447.1 GiB, 480103981056 バイト, 937703088 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x575f6bc9

デバイス   起動  開始位置  最後から    セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sda1  *         2048 625141759 625139712 298.1G 8e Linux LVM
/dev/sda2       625141760 937703087 312561328   149G 83 Linux

続けて,パーティションのタイプをLVMに変更する。
tで,パーティションタイプを変更する。「1」
パーティション番号はデフォルトで2となっているので,そのままEnterを押す。「2」
Lで,パーティションタイプの一覧表を表示する。「3」
8eで,Linux LVMを選択する。「30」

pで,パーションタイプの変更を確認する。/dev/sda2のタイプがLinux LVMとなっている。「34」

コマンド (m でヘルプ): t
パーティション番号 (1,2, 既定値 2): 
16 進数コード (L で利用可能なコードを一覧表示します): L

 0  空              24  NEC DOS         81  Minix / 古い Li bf  Solaris        
 1  FAT12           27  隠し NTFS WinRE 82  Linux スワップ  c1  DRDOS/sec (FAT-
 2  XENIX root      39  Plan 9          83  Linux           c4  DRDOS/sec (FAT-
 3  XENIX usr       3c  PartitionMagic  84  隠し OS/2 また  c6  DRDOS/sec (FAT-
 4  FAT16 <32M      40  Venix 80286     85  Linux 拡張領域  c7  Syrinx         
 5  拡張領域        41  PPC PReP Boot   86  NTFS ボリューム da  非 FS データ   
 6  FAT16           42  SFS             87  NTFS ボリューム db  CP/M / CTOS / .
 7  HPFS/NTFS/exFAT 4d  QNX4.x          88  Linux プレーン  de  Dell ユーティリ
 8  AIX             4e  QNX4.x 第2パー  8e  Linux LVM       df  BootIt         
 9  AIX 起動可能    4f  QNX4.x 第3パー  93  Amoeba          e1  DOS access     
 a  OS/2 ブートマネ 50  OnTrack DM      94  Amoeba BBT      e3  DOS R/O        
 b  W95 FAT32       51  OnTrack DM6 Aux 9f  BSD/OS          e4  SpeedStor      
 c  W95 FAT32 (LBA) 52  CP/M            a0  IBM Thinkpad ハ ea  Rufus alignment
 e  W95 FAT16 (LBA) 53  OnTrack DM6 Aux a5  FreeBSD         eb  BeOS fs        
 f  W95 拡張領域 (L 54  OnTrackDM6      a6  OpenBSD         ee  GPT            
10  OPUS            55  EZ-Drive        a7  NeXTSTEP        ef  EFI (FAT-12/16/
11  隠し FAT12      56  Golden Bow      a8  Darwin UFS      f0  Linux/PA-RISC  
12  Compaq 診断     5c  Priam Edisk     a9  NetBSD          f1  SpeedStor      
14  隠し FAT16 <32M 61  SpeedStor       ab  Darwin ブート   f4  SpeedStor      
16  隠し FAT16      63  GNU HURD または af  HFS / HFS+      f2  DOS セカンダリ 
17  隠し HPFS/NTFS  64  Novell Netware  b7  BSDI fs         fb  VMware VMFS    
18  AST SmartSleep  65  Novell Netware  b8  BSDI スワップ   fc  VMware VMKCORE 
1b  隠し W95 FAT32  70  DiskSecure Mult bb  隠し Boot Wizar fd  Linux raid 自動
1c  隠し W95 FAT32  75  PC/IX           bc  Acronis FAT32 L fe  LANstep        
1e  隠し W95 FAT16  80  古い Minix      be  Solaris ブート  ff  BBT            
16 進数コード (L で利用可能なコードを一覧表示します): 8e

パーティションのタイプを 'Linux' から 'Linux LVM' に変更しました。

コマンド (m でヘルプ): p
ディスク /dev/sda: 447.1 GiB, 480103981056 バイト, 937703088 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x575f6bc9

デバイス   起動  開始位置  最後から    セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sda1  *         2048 625141759 625139712 298.1G 8e Linux LVM
/dev/sda2       625141760 937703087 312561328   149G 8e Linux LVM

wで,描き込み。「1」
pで,再度,設定を確認する。「5」「12」
qで,終了。(fdiskから抜けます。)「24」

コマンド (m でヘルプ): w
パーティション情報が変更されました。
ディスクを同期しています。

$ sudo fdisk /dev/sda

fdisk (util-linux 2.31.1) へようこそ。
ここで設定した内容は、書き込みコマンドを実行するまでメモリのみに保持されます。
書き込みコマンドを使用する際は、注意して実行してください。


コマンド (m でヘルプ): p
ディスク /dev/sda: 447.1 GiB, 480103981056 バイト, 937703088 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x575f6bc9

デバイス   起動  開始位置  最後から    セクタ サイズ Id タイプ
/dev/sda1  *         2048 625141759 625139712 298.1G 8e Linux LVM
/dev/sda2       625141760 937703087 312561328   149G 8e Linux LVM

コマンド (m でヘルプ): q

2.pv作成。

/dev/sda2のpvを作成します。「1」
現在のpvの詳細情報を表示。「3」

/dev/sda2 が pv 149.04GBのサイズで作成されている。
しかし,まだ,VG Nameはない。

$ sudo pvcreate /dev/sda2
  Physical volume "/dev/sda2" successfully created.
$ sudo pvdisplay 
  --- Physical volume ---
  PV Name               /dev/sda1
  VG Name               ubuntu-vg
  PV Size               <298.09 GiB / not usable 4.00 MiB
  Allocatable           yes (but full)
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              76310
  Free PE               0
  Allocated PE          76310
  PV UUID               PeLmdX-wxyY-qKg6-kNuB-4X9m-Fgx1-sHpJKf
   
  "/dev/sda2" is a new physical volume of "149.04 GiB"
  --- NEW Physical volume ---
  PV Name               /dev/sda2
  VG Name               
  PV Size               149.04 GiB
  Allocatable           NO
  PE Size               0   
  Total PE              0
  Free PE               0
  Allocated PE          0
  PV UUID               Z1wrqW-tRpE-eu97-0fTL-N3qp-ocAo-K7SBGy

3.vg拡張。

pv(/dev/sda2)を既存のVG(ubuntu-vg)に追加する。つまり,ubuntu-vgをpv(/dev/sda2)まで拡張する。

その前に,現在のvgの詳細情報を確認します。「1」「4」
vgは,ubuntu-vg,サイズは298.09GB。

含まれるlvは,/dev/ubuntu-vg/root,/dev/ubuntu-vg/swap_1,/dev/ubuntu-vg/vbox。pv(/dev/sda1)のみが表示されています。

pv(/dev/sda2)は,まだ表示されません。

$ sudo vgscan 
  Reading volume groups from cache.
  Found volume group "ubuntu-vg" using metadata type lvm2
$ sudo vgdisplay -v ubuntu-vg
[sudo] ユーザ名 のパスワード: 
  --- Volume group ---
  VG Name               ubuntu-vg
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        1
  Metadata Sequence No  7
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                3
  Open LV               3
  Max PV                0
  Cur PV                1
  Act PV                1
  VG Size               <298.09 GiB
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              76310
  Alloc PE / Size       76310 / <298.09 GiB
  Free  PE / Size       0 / 0   
  VG UUID               u6VXLa-xePg-FJ63-3TCx-3XeL-9WZX-jzGBlc
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/root
  LV Name                root
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                r9vicd-Vn2J-YR2T-YLba-ytzj-ATUe-I2c5m3
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-05-31 07:04:03 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                200.00 GiB
  Current LE             51200
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:0
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/swap_1
  LV Name                swap_1
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                c13yPk-KHSE-etQw-Hfcx-Gpzz-TNTz-AFTrTO
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-06-02 19:23:52 +0900
  LV Status              available
  # open                 2
  LV Size                1.00 GiB
  Current LE             256
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:1
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/vbox
  LV Name                vbox
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                ctSyGt-Ysxs-pDqt-bQhD-5Kjg-2ehw-hlVpep
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-06-02 19:33:21 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                <97.09 GiB
  Current LE             24854
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:2
   
  --- Physical volumes ---
  PV Name               /dev/sda1     
  PV UUID               PeLmdX-wxyY-qKg6-kNuB-4X9m-Fgx1-sHpJKf
  PV Status             allocatable
  Total PE / Free PE    76310 / 0

拡張する。「1」
vgの詳細情報を表示。「3」
サイズは447.12GB。約150GB増加。
追加されたpv(/dev/sda2)も表示されています。Free PE / Size 38154 / 149.04 GB,空きがあります。
しかし,/dev/ubuntu-vg/rootは,200GBのままで,増加していません。


$ sudo vgextend ubuntu-vg /dev/sda2
  Volume group "ubuntu-vg" successfully extended
$ sudo vgdisplay -v ubuntu-vg
  --- Volume group ---
  VG Name               ubuntu-vg
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        2
  Metadata Sequence No  8
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                3
  Open LV               3
  Max PV                0
  Cur PV                2
  Act PV                2
  VG Size               447.12 GiB
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              114464
  Alloc PE / Size       76310 / <298.09 GiB
  Free  PE / Size       38154 / <149.04 GiB
  VG UUID               u6VXLa-xePg-FJ63-3TCx-3XeL-9WZX-jzGBlc
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/root
  LV Name                root
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                r9vicd-Vn2J-YR2T-YLba-ytzj-ATUe-I2c5m3
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-05-31 07:04:03 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                200.00 GiB
  Current LE             51200
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:0
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/swap_1
  LV Name                swap_1
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                c13yPk-KHSE-etQw-Hfcx-Gpzz-TNTz-AFTrTO
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-06-02 19:23:52 +0900
  LV Status              available
  # open                 2
  LV Size                1.00 GiB
  Current LE             256
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:1
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/vbox
  LV Name                vbox
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                ctSyGt-Ysxs-pDqt-bQhD-5Kjg-2ehw-hlVpep
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-06-02 19:33:21 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                <97.09 GiB
  Current LE             24854
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:2
   
  --- Physical volumes ---
  PV Name               /dev/sda1     
  PV UUID               PeLmdX-wxyY-qKg6-kNuB-4X9m-Fgx1-sHpJKf
  PV Status             allocatable
  Total PE / Free PE    76310 / 0
   
  PV Name               /dev/sda2     
  PV UUID               Z1wrqW-tRpE-eu97-0fTL-N3qp-ocAo-K7SBGy
  PV Status             allocatable
  Total PE / Free PE    38154 / 38154

4.lv拡張。

lv(/dev/ubuntu-vg/root)を拡張します。空き約150GB全部を割り当てます。「1」

$ sudo lvextend -l +100%FREE /dev/ubuntu-vg/root
  Size of logical volume ubuntu-vg/root changed from 200.00 GiB (51200 extents) to <349.04 GiB (89354 extents).
  Logical volume ubuntu-vg/root successfully resized.

5.ファイルシステム拡張。

ファイルシステムを拡張します。「1」

$ sudo resize2fs /dev/ubuntu-vg/root
resize2fs 1.44.1 (24-Mar-2018)
Filesystem at /dev/ubuntu-vg/root is mounted on /; online resizing required
old_desc_blocks = 25, new_desc_blocks = 44
The filesystem on /dev/ubuntu-vg/root is now 91498496 (4k) blocks long.

6.マウント(今回は不要)

今回は,すでにマウントされている/dev/ubuntu-vg/rootを拡張したので,マウント作業は,不要です。
念の為に,/etc/fstabを参考として掲載しておきます。「1」

$ cat /etc/fstab
# /etc/fstab: static file system information.
#
# Use 'blkid' to print the universally unique identifier for a
# device; this may be used with UUID= as a more robust way to name devices
# that works even if disks are added and removed. See fstab(5).
#
# <file system> <mount point>   <type>  <options>       <dump>  <pass>
/dev/mapper/ubuntu--vg-root /               ext4    errors=remount-ro 0       1
/dev/mapper/ubuntu--vg-swap_1 none            swap    sw              0       0
/dev/mapper/ubuntu--vg-vbox /media/vbox	ext4	defaults,noatime      0       2
#/dev/mapper/ubuntu--vg-vbox /mnt	ext4	defaults	      0       0
/swapfile none swap sw 0 0

実際に,サイズが増えていることを確認します。「1」「4」「56」
約350GBになっていれば完了です。

$ df -h /dev/ubuntu-vg/root 
Filesystem                   Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/ubuntu--vg-root  343G   52G  275G  16% /
$ sudo lvdisplay -v ubuntu-vg
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/root
  LV Name                root
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                r9vicd-Vn2J-YR2T-YLba-ytzj-ATUe-I2c5m3
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-05-31 07:04:03 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                <349.04 GiB
  Current LE             89354
  Segments               2
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:0
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/swap_1
  LV Name                swap_1
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                c13yPk-KHSE-etQw-Hfcx-Gpzz-TNTz-AFTrTO
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-06-02 19:23:52 +0900
  LV Status              available
  # open                 2
  LV Size                1.00 GiB
  Current LE             256
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:1
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/vbox
  LV Name                vbox
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                ctSyGt-Ysxs-pDqt-bQhD-5Kjg-2ehw-hlVpep
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-06-02 19:33:21 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                <97.09 GiB
  Current LE             24854
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:2
   
$ sudo vgdisplay -v ubuntu-vg
  --- Volume group ---
  VG Name               ubuntu-vg
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        2
  Metadata Sequence No  9
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                3
  Open LV               3
  Max PV                0
  Cur PV                2
  Act PV                2
  VG Size               447.12 GiB
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              114464
  Alloc PE / Size       114464 / 447.12 GiB
  Free  PE / Size       0 / 0   
  VG UUID               u6VXLa-xePg-FJ63-3TCx-3XeL-9WZX-jzGBlc
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/root
  LV Name                root
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                r9vicd-Vn2J-YR2T-YLba-ytzj-ATUe-I2c5m3
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-05-31 07:04:03 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                <349.04 GiB
  Current LE             89354
  Segments               2
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:0
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/swap_1
  LV Name                swap_1
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                c13yPk-KHSE-etQw-Hfcx-Gpzz-TNTz-AFTrTO
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-06-02 19:23:52 +0900
  LV Status              available
  # open                 2
  LV Size                1.00 GiB
  Current LE             256
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:1
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/ubuntu-vg/vbox
  LV Name                vbox
  VG Name                ubuntu-vg
  LV UUID                ctSyGt-Ysxs-pDqt-bQhD-5Kjg-2ehw-hlVpep
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time ubuntu, 2018-06-02 19:33:21 +0900
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                <97.09 GiB
  Current LE             24854
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:2
   
  --- Physical volumes ---
  PV Name               /dev/sda1     
  PV UUID               PeLmdX-wxyY-qKg6-kNuB-4X9m-Fgx1-sHpJKf
  PV Status             allocatable
  Total PE / Free PE    76310 / 0
   
  PV Name               /dev/sda2     
  PV UUID               Z1wrqW-tRpE-eu97-0fTL-N3qp-ocAo-K7SBGy
  PV Status             allocatable
  Total PE / Free PE    38154 / 0

参考にしたサイト>>

LVMで 論理ボリュームの作成、拡張、縮小、複製

LVMで新たにディスクを追加して既存のLVを拡張する

論理ボリューム追加 – CentOSで自宅サーバー構築

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お知らせ

8月ネットワークスペシャリスト勉強会

実施日時:8月10日(土)10:00〜12:00 初心者大歓迎です。 パソコンがなくてもOKです。 年齢も問いません。連絡をお待ちしております。  

日本一 オトクなWindows10 アップブレード キャンペーン!(20,000円ナリ)

2020年01月14日に,Windows7のサポートが完全に終了します。 インターネットに接続しなければ,安全に使い続けられるというのは,間違いです。インターネットに接続しなければウィルスに感染しないという誤解があります …

マイナンバー学習会

エクセルまたはLibreOfficeのコピーと貼り付け、関数1個(Vlookup)だけで、誰でも簡単に安全にマイナンバーを管理運用する。 マイナンバー制度(番号制度)とは、… 社会保障・税番号制度(以下「番号制度」という …

11月無料相談会・PC診断会

11月10日(日)13:00〜20:00に、「無料相談会・PC診断会」を志義どっとPC(志義ゼミナール内)で開催します。 掲載チラシにあるように、XPサポート終了が2014年4月9日に迫る中、Windows7や8への移行 …

11月無料診断会

鳥栖市民大学講座へのご案内

パソコン支援協会の会員である、古賀竜一氏による「ITの多様なメリットと危険性を学ぶ」へご招待します。 聴講は無料です。 皆さんお誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです。 10月26日(土)13:30開演 場所:鳥栖市 …

お問合せ 志義どっとPC(志義ゼミナール)所在地地図

共通脆弱性識別子CVE

2020/03/14
  • ネットワークスペシャリスト勉強会
    開始: 10:00
    終了: 12:00

2020/04/11
  • ネットワークスペシャリスト勉強会
    開始: 10:00
    終了: 12:00

2020/05/09
  • ネットワークスペシャリスト勉強会
    開始: 10:00
    終了: 12:00

2020/06/13
  • ネットワークスペシャリスト勉強会
    開始: 10:00
    終了: 12:00

2020/07/11
  • ネットワークスペシャリスト勉強会
    開始: 10:00
    終了: 12:00