InkscapeのプラグインであるtextextはPythonで記述されたスクリプトファイルです。日本語表示ができるように、ここを参考に改修してみました。

【前提条件】

  1. OS Ubuntu18.04
  2. Inkscape0.92
  3. textextは、0.9.0

<手順>

  1. textextをインストール。
  2. スクリプト__init__.pyを改修。
  3. 動作確認。

1.textextをインストール。

このサイトを参考にインストールしました。Ghostscriptは、version 9.26。pstoeditは、version 3.70。でした。

(注)texlive-xelatex は、ubuntu18.04では、texlive-xetex としてインストールされるようです。しかし、インストールしなくても動作しました。念の為に、インストールされる方は、下記のようにします。

2.スクリプト__init__.pyを改修。

__init__.pyを開いて、編集します。

56行目に、import codecs を追記します。

日本語をUTF8で表示させるため、613〜615行に追記します。texファイルをplatexで、dviとして出力し、さらにdviをdvipdfmxで、pdfに変換して出力するために、619行目はコメントアウト(#)、620〜623行目を追記します。

__init__.pyを保存します。

3.動作確認。

Inkscapeを起動し、エクステンション>textext を実行します。そして、texの数式を記入します。

なお、このとき、日本語をそのまま記入しても「! Not two-byte family.」というエラーメッセージが表示され、失敗します。\mbox{ここに日本語を書く}を利用して日本語を記入します。

例:\$\mbox{関数}f(x)\mbox{の}x=a\mbox{における}\\\mbox{微分係数(変化率)は}\\\displaystyle \lim_{b \to a}\frac{f(b)-f(a)}{b-a}\$

以上、Inkscapeのtextextに日本を表示させることができました。